ABELSON DESIGN OFFICE

Why do we develop an affection for some objects over others? If people were interested only in function, then any tool that works would be the same. Things we choose to surround ourselves with might have meaning because they are a gift from a friend or maybe we like the way they feel. We are inspired by the way a well-designed object can almost become a ‘collaborator’ in daily life.

Mike and Yuri Abelson began their design consultancy in Brooklyn, New York in 1999. They then moved to Tokyo in 2001. They co-founded the own brand, Postalco, in 2000. Since then Postalco has grown to many products sold in stockists all over the world. There are also two independent Postalco retail stores in Tokyo where, along with regular exhibits, carefully crafted items can be experienced first hand.

Postalco designs and produces fine stationery, outerwear and leather goods working with craft in Japan. Based in Tokyo for over 15 years Abelson Design Office is passionate about finding new ways to apply Japanese craft in daily life.

Activities encompass product design, graphic design, interior, exhibition projects, and creative direction. We've worked with a wide variety of clients including: Calder Foundation, Jack Spade New York, The Conran Shop, US Embassy to Tokyo, Sunspel, and Issey Miyake.

Exhibitions include: FabMind at 21_21 Design Sight Gallery (Tokyo 2014), Carrying Research at MDS Gallery (Tokyo 2005), Postalco Up Until Now at CLASKA 3F Gallery & Shop Do (2009), Wallpaper* Handmade (Milan Salone, 2012), Wheel Printer at Creation Gallery G8, Ginza (2012), "Tool Roots" at Maison Hermès Ginza.

Mike Abelson is native of Los Angeles, California. Yuri Abelson is from Tokyo and has lived in the U.S. and Switzerland. They currently live and work in Tokyo.
office@postalco.net

日々の暮らしに用いられるモノを観察し、探求し、作ってみることは、じぶんたちニンゲンがいったい何者なのかを模索することでもあると思います。モノに教えられ、影響され、インスパイアされ、じぶんたちの潜在能力を引き出されることさえあるのです。毎日の生活の中での、こうしたモノとの相互関係を、わたしたちはコラボレーションと呼んで、発想の原点にしています。

マイク・エーブルソンとエーブルソン友理は、1999年にNYのブルックリンでデザインのコンサルタントを始めました。そのあと2001年に東京へ拠点を移しました。ふたりは、2000年にポスタルコの共同創業者となりました。以来、ポスタルコは成長を続け、たくさんの製品が世界中で売られるまでになっています。東京には、2つの店舗があり、定期的に展示を行ったり、ポスタルコの丹念に作られた製品を手にとっていただけます。

ポスタルコは、ステーショナリーやアウターウェアーや革製品をデザインし、15年以上、モノ作りを通じて、毎日の生活の中で、日本の職人の「技」を使いこなすことに取り組んでいます。

仕事の領域は、プロダクトデザイン、ブランディング、パッケージデザイン、インテリアデザイン、エキシビションデザインです。これまでに、カルダー・ファンデーション、ジャック・スペード、コンランショップ、アメリカ大使館、サンスペル、イッセイ・ミヤケ、エルメスなど、さまざまなクライアントと仕事をしてきました。

エキシビションとしてはー
21-21デザインサイト・ギャラリー『FabMind-活動のデザイン』(東京2014)
MDSギャラリー『Carrying』(東京2005)
CLASKA 3Fギャラリー&ショップ『POSTALCO UP UNTIL NOW』(東京2009)
ミラノサローネ『Wallpaper Hand made』(ミラノ2012)
クリエーションギャラリーG8『Wheel Printer』(東京2012)

マイク・エーブルソンは、カリフォルニアのロサンジェルス生まれ。エーブルソン友理は、東京出身、アメリカ、スイスに住んでいました。現在は、二人の住まいも仕事場も東京にあります。
office@postalco.net