CACAO TRAVEL

Chocolate Directed by Naoto Fukasawa
21_21 Design Sight, 2007

Cacao beans can only grow in tropical areas but it is the coldest countries that eat the most chocolate. Industrial pipes illustrate chocolate’s journey. From hot to cold countries the thickness of the pipes represents the average amount of chocolate one person eats in a year. It is as if warmth is being carried within these pipes.

チョコレートのリサーチを重ね、ある事実に興味をもちました。カカオ豆は赤道(equator)付近の熱帯でしかとれないにもかかわらず、寒い国ほど、チョコ レートが多く食べられていることです。熱い国から、寒い国へ。これらのパイプには温かさを運ぶという意味があり、パイプの太さは、ひとりが一年に食べるチョコレートの量を示しています。チョコレートは世界中の人に愛されているから、それは幸せを運ぶ経路でもあります。


OTHER WORK