LETTER PROJECT

Letter Project
Benefit for those impacted by the East Japan Disaster, 2011

Even if it is small we wanted to send a message to the people affected by the disaster but we didn't even know where to send it. Speaking with friends, some of them felt the same way.
We thought that we could join our efforts and send our messages or feelings on paper. Postalco mailed out a blank format to use.
Postalco gathered letters together and sent them to Tono Magokoro Network, along with a financial donation ( Proceeds from a Postalco Donation Sale).

Tono Magokoro Network is a volunteer support group based in the Iwate Prefecture. They have a Letter Library project where they accept books along with a letter from the person donating the book to be read along with the book making it much more personal. They also organize area cleanup, local kitchens, and support for the elderly among other activities. Tono Magokoro Network understands the power of a personal letter and they were interested in the Postalco Letter Project.
Above are some of the letters we received.
http://tonomagokoro.net/?p=171

もどかしい気持ちを、書いてみたい。どんなに心配しているか、どんな気持ちでいるか、離れていれば離れているほど、もどかしいから。被災した人たちに少しでも、声をかけられるなら、ためらわずに、そうしたい。でも、どこへ送ったらいいのか、それさえも分からない。ある日、そんな気持ちでいるのは、どうもひとりじゃないらしいことに気がつきました。それなら、なんとか皆の力を、ひとつに束ねて、届けられないか。はがきサイズのフォーマットをご用意して、そこにメッセージでも、自分の今の心境でも、絵でも、好きな詩の引用でも、手書きでとにかく気持ちを綴っていただきました。ポスタルコが、それをまとめて、義援金と共に遠野まごころネットに送り届けました。
遠野まごころネットとは、被災地支援ボランティアのネットワーク組織で、活動のひとつに手紙文庫というものがあります。被災地の方々に読んでいただきたい本に手紙をつけて送ろうという活動です。ポスタルコからは、手紙のみですが、快く受け入れてくださいました。ご紹介いただいた(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)の方々、ご協力ありがとうございました。
頂いたお手紙の中からいくつかをご紹介させていただきます。
http://tonomagokoro.net/?p=171


OTHER WORK