RENJAKU BAG

MIKE ABELSON for ISSEY MIYAKE
Client: Issey Miyake, 2013

RENJAKU BAG is a new bag series for contemporary life that draws deeply upon the lifestyle wisdom, know-how and traditional techniques cultivated in the Tohoku region of Japan.

In Tohoku woven paper was traditionally used for carrying straps and also for sandals. Woven paper is lightweight, durable and fast-drying, making it ideal for traveling. Inspired by traditional wisdom this twisted paper technique is hand-woven to create the straps on this bag.

RENJAKU BAGは、東北地方で培われた生活の知恵や工夫、伝統的な手法を生かした現代生活のための新しいバッグ・シリーズです。

東北では、モノを運ぶために、紙縒(こより)糸で編まれた背負縄やわらじが使用されてきました。軽くて丈夫で濡れても乾きが早い紙縒糸は、長道中には最適だったといいます。このバッグのストラップもこの素晴らしい知恵と技術にヒントを得て、紙を撚って糸にしたものを手編みして作られました。


OTHER WORK