THINKING HAND

The Fab Mind
21_21 Design Sight, 2014

THINKING HAND

I can't help but think that an octopus looks a little like a swimming hand. A human hand and an octopus are completely different but they both seem to have adopted at a similar shape. An octopus's branched shape makes it adept at squeezing in and around small spaces. 
The human hand is also able to adapt to so many different shapes, blending with the many object it comes into contact with daily. We design handles to match human hands, but our hands themselves are so flexible that handles can take on many shapes. 
Handle forms are solidfied images of the negative space within the hand's grasp. Handles might be stick-like or ball-like. These are the shapes that our hand can create, in a way, like shadow puppets (kage-e). 
The inside of our hands are soft and padded while, the outside of our hands are more bony. The softness of our palms mold to the object we want to hold. The branched shape of our fingers wrap around the handle like octopus arms around a clam. 
The hand connects the tool to the body. The line where the tool ends and the body begins is blurred by the skill of our hands. Watching a tennis player, the racket is a smooth extension of the arm. It is shocking when a pro tennis player throws their racket at the end of the game; an object that has been so seamlessly blended to the body, is suddenly thrown off. 
We wouldnt hold the metal end of the hammer and hit a nail with the wooden stick. There is usually a clear division between the hand side and the work side. The hand knows which side is to be grasped. 
The hands are 'seeing' the various shapes. The hand touches them, gauges them, measures their size, tests for roughness or smoothness and feels the cool metal or warm wood. All the time the hand is preparing for a sensitive 'precision grip' with the fingertips, or getting ready to clamp on tight with the palm. 
In this exhibit, THINKING HAND, a flat horizontal plane separates the handles from the the other part of the objects. Some of the objects are recognizable from their handles only. Some handles are only recognized after looking below the table surface. 
In THINKING HAND objects are not divided by where they are usually found or by which country they were made in. They are divided by the handle shape. There are stick handles like on a broom, horizontal bar handles like on a suitcase, and the hole handles found in a bowling ball. 
Separating the handle side from the tools side, my hand wanders over the handles, like an ocotpus over an ocean floor. The handles are experienced as accomplishments on their own, not just parts of another tool. A broom handle and a golf club handle so similar even though their functions are very different. Rubber stamps have the same functions but their handles can be so different. Seeing the handles separated makes me ask, why not have a rubber stamp handle on a say a coffee cup. The handles are all meant to match the same hand after all. 

In English to 'get a handle' on something, means to understand it. 

海中のタコを見ると、泳いでいる手のようにしか思えない。人間の手とタコはものとしては全く違うが、形状は類似している。頭から広がる様に伸びていくタコの形は、小さい場所に潜り込む際に役に立つ。
同じく人間の手も、日常に触れる道具やものなどに合わせ、様々な形を表現することができる。ハンドル(持ち手)は人間の手の形が一番使いやすいデザインを取り入れているが、逆に手も様々な形状のハンドル合わせてその形を変えている。
手のひらは柔らかく、クッションのようになっているが、外からは骨ばって見える(bony)。柔軟性のある私たちの手のひらは、握るものの形状と合わせて成型(mold)される。枝分かれした指は、まるでタコの足が貝を包み込む様にハンドルをつかむ。
手は身体と道具をつなげる。道具と身体がどこで始まり、終わるのかという境界線を曖昧にさせるのも手だ。テニスプレーヤーはラケットを手先のように器用に使っているが、プロのテニスプレーヤーがいつも試合後にラケットを投げているのを見て驚いてしまう。身体と一体化されていたものが、突然振り落とされるから。
金槌を使って釘を打つ時、金属部分ではなく木の柄を持つのが普通と言えるだろう。それは、手側と作業側と明快に分かれているからである。手はどちらを把持するかを把握している。
手は色々な形を「見ている」。手はさまざまなものに触れ、それらを計量、サイズを測定し、荒さや滑らかさを考査し、ひんやりとした金属と木のあたたかさを感じる。そのあいだ手は、指先の敏感な「精密なグリップ」、または手のひらでぎゅっと握る準備をしているのである。
「考える手」では、あらゆる道具のハンドルとそれ以外のパーツを水平面で分けている。そのいくつかはハンドルを見るだけで何の道具なのかが分かるが、テーブルの下を見ないとまったく見分けのつかないものもある。
これらは道具の発掘場所や生産国を基準に並べたわけではなく、ハンドルの形をベースに分類した。棒状のハンドルのホウキ、水平のハンドルがついたスーツケース、穴状のハンドルがあるボウリングの玉など。
道具から切り分けられた複数のハンドルの間をさまよう私の手は、まるで海の底のタコのようだ。
ハンドルは道具の一部としてではなく、独立したものとして触れられる。ほうきの柄と、ゴルフクラブのグリップは、目的は全く異なるものの、どこか似ている。ゴム印は大体同じ機能を持っているが、そのハンドルにはさまざま形状のものがある。これらさまざま形を見ながら、コーヒーカップなんかにこういったハンドルが付いていても良いのではないか、と思う。ハンドルは結局、全て同じ手にあうように設計されているのだから。

英語で「get a handle」とは、それを理解したという意味がある。


OTHER WORK