HISTORY

In 2000 Mike Abelson, who was a designer of bags in New York, noticed that his wife Yuri, a graphic designer, was having difficulty carting around A4 size papers. He created an envelope-shaped case for her, with a button closure, and cloth and leather he happened to have on hand. That modest beginning led to the founding of Postalco. Postalco’s products are created to be used by anyone – male or female, young or old, people from all walks of life worldwide. What sets Postalco’s designs apart are their supreme utility and ineffable warmth blended with the beauty of understatement.
2000年、ニューヨークで鞄のデザイナーだったマイクは、グラフィックデザインの仕事をしていた妻の友理が持ち運びにくそうにしていたA4サイズの書類を入れるためのケースを、持ち合わせの布と革で作りました。そのハトメのついたエンベロープ型の書類入れがもとになって、ポスタルコはスタートしました。性別、年齢、国籍を問わずに愛されるそのプロダクトは、永く使われることを想定して作られていて、生活することを軽くみないで、そこにこそ驚きや、発見のよろこび、Fun(たのしさ)をみつけようとする姿勢につらぬかれています。そのデザインの特徴は、Understatement(控えめ)でありながら、Utility(実用性)にすぐれていて、どこかしらWarmth(ぬくもり)があります。