USSR 1991 KEIZO KITAJIMA IMAGE CARDS

USSR 1991 KEIZO KITAJIMA IMAGE CARDS

USSR 1991 Keizo Kitajima image cards
10枚セット
No.10010-KK
A5(14.8 × 21cm)/ 5.8 x 8.3"
¥ 1,350

10010-KK

Women on a farm stop their work to watch a burning farmhouse nearby.They are farm workers but seem to be dressed to go shopping for the day. This photo seems like an everyday moment, but at the same time feels far away. This portrait and the others in Keizo Kitajima’s book were captured just as the ideals of the USSR were falling apart. On a year-long trip through 15 republics of the USSR, speaking little or none of the local languages, he made remarkably intimate portraits. After returning back to Japan to edit his images, Keizo Kitajima had the haunting realization that he had seen the USSR in its last days. In respect for those pictured Kitajima waited 20 years before publishing this volume of work. These image cards are a special edition selected and published by the Postalco Library.

すぐそばの農家が燃えているのを立ちすくんでみつめている農園の女性たち。彼女たちは、買い物にでも出かけるような装いです。ありふれた日々の一瞬だけれどはるか彼方のことのようでもある・・・。北島敬三の写真集『USSR1991』におさめられた写真は、ソビエト連邦の理想というものが砕け散っていくのを鋭くとらえています。1年にわたってソビエト連邦の15もの共和国を訪ねた写真家は、コトバもままならないのにどうしてこんなに親密なポートレイトを撮れたのでしょうか?帰国後、現像した写真を並べてみて北島敬三は自分がソビエト連邦の崩壊に立ち会ったことに気がついて愕然とします。被写体となった人々のことを配慮して1冊の写真集にまとめるのは、それから20年後のことでした。その写真集の中からセレクトしたポスタルコライブラリー刊のカードセットです。