LONG CARD & COIN WALLET

LONG CARD & COIN WALLET

Long Card & Coin Wallet
No.10035 Fabric and Leather
8.5 x 19.6 x 2 cm / 3.35 x 7.72 x 0.78"
¥ 24,840

10035

This is a long wallet wrapped with a single piece of finished edge leather. Inside are cash, coin and card pockets. Specially constructed to have no stitches on the corners. This allows the wallet to last much longer since it is the stitches at the corners that frequently break first. A slim shape that expands as contents are added. Handmade in Japan.

一枚革仕立てのロングウォレット。中にはお札、小銭、カード用ポケットがあります。 特長は、端にステッチがないデザインです。たいてい使い込んでいくと、端のステッチから切れるものですが、これなら安心です。 細身なデザインですが中はたくさん入るようになっています。日本製。


About Pressed Cotton & Leather

Cowhide

This smooth surface cowhide is tanned using vegetable tannins from the mimosa tree.
Vegetable tanning takes more time but does not use the toxic compounds needed for chrome tanned leather.

How we dye our leather

There is quite a bit of variation from skin to skin and even within the same skin. The typical way to make leather color uniform is to cover the surface with thick synthetic fillers and pigment coatings, covering the natural variations in surface and color. Unfortunately this finish does not allow scratches to blend in or improve over time. Postalco leather is colored using aniline dyes. Aniline dyes soak into the leather leaving visible the natural variation in grain and texture.
The more aniline dyed leather is used, the better the surface patina gets over time. Each skin is different: a faint stripe-like pattern, called ‘tora’ in Japanese is a natural effect due to the way the dye soaks in to the various parts of the skin. Each skins ‘tora’ is different.
Making Veg tanned and Aniline dyed leather is more expensive and time consuming but produces beautiful leathers.

Pressed Cotton

This fabric is made with the same machines that were used to make tent fabric. The base color of the white threads will become more apparent and it will soften with use. To keep the natural feeling of the material we did not waterproof coat the surface. There is a light water resistant treatment. Cotton is a natural material so slubs and irregularity in the fibers are part of its character. It is possible for wrinkles to appear as well.


Care

Cowhide

With use the shine will mellow and surface scratches picked up along the way will get worked in. The color will also deepen with use. One way to deepen the color more quickly or blend in surface scratches is to apply a thin coating of clear Mink oil with a cloth. Mink oil is more commonly used for shoes and can be purchased at shoe specialty shops.

Pressed Cotton

If your wallet gets wet, pat dry with a soft cloth to absorb any liquid. With strong rubbing the color may come off leaving light spots. Please shade dry in a well ventilated area. If placed near air conditioners or heaters the item may warp.


Mink Oil / ミンクオイル

プレスコットンと革について

牛革

伸縮性が少なく型崩れしにくい、厳選された牛革を使用。植物の渋成分(タンニン)によってなめされています。 このなめし方は、手間と時間がかかりますが、化学物質を使ったクロムなめしよりも環境への負担が軽減されます。

革の染色方法について

一枚の革の中でも、場所によって色や質感にバリエーションがあります。 革の表面を均一にするために、顔料で塗装する方法が一般的ですが、残念ながらこの方法は革の自然な風合いを損ない、長期間使用すると塗装がはがれてきます。 ポスタルコの革の色付けには染料染めを採用しています。革の表面の味を生かす染料でオリジナルカラーに染めてあるため、使い込むほどに風合いが増していき、経年変化を楽しめます。 革には一枚ずつ違った表情があります。縞の色むらの様に見えるのはトラと呼ばれる革の繊維の模様です。この柄はひとつとして同じものがありません。 自然な加工法の丈夫な革ですので手入れをすることにより長期間使用することができます。

プレスコットン

テント地を作るときに使われていた機械でプレスしています。 使い込むうちに、ジーンズのように元の生地の生成り色が少しずつ見えてきて、柔らかくなり手に馴染んできます。 自然なコットンの風合いを残すためにあえて防水加工はせず、軽い撥水加工がしてあります。天然素材なので、まれに繊維の節が強く出ることがあります。 また織糸の太さは均一ではありませんが、これこそが、コットンの持ち味です。自然な素材なので、表面に若干のしわが出ることがあります。


ケア方法

牛革

水濡れや汗、摩擦などが原因で色落ちする場合がございます。濡れてしまった場合はすぐに柔らかい布で軽く拭き自然乾燥させて下さい。 そのままにしておくとシミが残ったり、わずかに膨張したりすることがありますので十分にご注意ください。 表面についたひっかき傷は透明な靴クリーム(ミンクオイル等)でお手入れできます。

プレスコットン

濡れてしまったら、すぐに乾いた柔らかな布で、軽く叩くようにして、すばやく水気を取って下さい。 強くこすったり拭いたりすると色落ちして白いしみになることがあります。その後、通気のよいところで陰干しするようにして下さい。 (空調の下など、温度の変化が激しいところでは生地に歪みが出ることがあります)

Material / マテリアル