TRIANGLE CALENDAR COVER for「超」整理手帳

TRIANGLE CALENDAR COVER for「超」整理手帳

Triangle Calendar Cover for「超」整理手帳
No.10040 Fabric and Leather
22.5 x 9.5 cm / 8.8 x 3.7"
¥ 21,600

10040 2356 2355 2353


The triangle is a focusing shape. The triangle always points: focus on the schedule. Snap the flap closed and the triangle sleeps. I used to think that calendars limited and held me back. Now I know that focusing on the schedule, deciding what to do and then moving on sets me free. Pressed Cotton with calfskin trim. Flap to cover the calendar and zipper pocket for pens and cards. Fits the Cho Seiri accordion folded calendar. Handmade in Japan.

トライアングルは焦点を思い起こさせる形です。常に一点を指し示しスケジュールにフォーカスさせてくれます。 パチンと閉じれば、トライアングルはしばらく休憩。カレンダーというのは窮屈で束縛するものと思っていましたが、 こうやってスケジュールに焦点を合わせられると、やることがハッキリして自由になれます。プレスコットンに牛革の縁取り。 フラップ付きのカレンダーポケットと、ペンやカードを入れるファスナーポケット。蛇腹形式の超整理手帳にピッタリです。日本製。


About Cho Seiri Calendar

There are two types of time. One is Chronos: time that is evenly measured by the tick-tock of a clock’s hand. There is the other kind of time that is felt internally. It stretches out or speeds up depending on the moment. That irregular kind of time is Kairos. To be able to understand the passing of time we make time visible and analog; we use sand in an hourglass or pages of a calendar. This is making time into something that fits into your hand. After using this calendar we felt it is the connection between Chronos time and Kairos time.

"I am doing my most important work in the blank spaces in my calendar. It might be possible that the person who fills his calendar up with appointments looks busy
but is actually doing very little work."

-Yukio Noguchi  

Yukio Noguchi

Macro economist specializing in financial theory and the Japanese economy. Born in Tokyo in 1940. After graduating from the Faculty of Engineering of the University of Tokyo in 1963, Mr.Noguchi joined the Ministry of Finance in 1964 and received a Ph.D. in Economics from Yale University in 1972. After serving as Professor at Hitotsubashi University and the University of Tokyo and Visiting Professor at Stanford University, he became Professor at the Waseda Graduate School of Finance, Accounting and Law in April 2005.

About Pressed Cotton & Leather

Cowhide

This smooth surface cowhide is tanned using vegetable tannins from the mimosa tree.
Vegetable tanning takes more time but does not use the toxic compounds needed for chrome tanned leather.

How we dye our leather

There is quite a bit of variation from skin to skin and even within the same skin. The typical way to make leather color uniform is to cover the surface with thick synthetic fillers and pigment coatings, covering the natural variations in surface and color. Unfortunately this finish does not allow scratches to blend in or improve over time. Postalco leather is colored using aniline dyes. Aniline dyes soak into the leather leaving visible the natural variation in grain and texture.
The more aniline dyed leather is used, the better the surface patina gets over time. Each skin is different: a faint stripe-like pattern, called ‘tora’ in Japanese is a natural effect due to the way the dye soaks in to the various parts of the skin. Each skins ‘tora’ is different.
Making Veg tanned and Aniline dyed leather is more expensive and time consuming but produces beautiful leathers.

Pressed Cotton

This fabric is made with the same machines that were used to make tent fabric. The base color of the white threads will become more apparent and it will soften with use. To keep the natural feeling of the material we did not waterproof coat the surface. There is a light water resistant treatment. Cotton is a natural material so slubs and irregularity in the fibers are part of its character. It is possible for wrinkles to appear as well.

Care

Cowhide

With use the shine will mellow and surface scratches picked up along the way will get worked in. The color will also deepen with use.

Pressed Cotton

If your wallet gets wet, pat dry with a soft cloth to absorb any liquid. With strong rubbing the color may come off leaving light spots. Please shade dry in a well ventilated area. If placed near air conditioners or heaters the item may warp.

Professor Noguchi made these original calendar prototypes in 1994.
1994年に野口悠紀雄が自作した「超」整理手帳のプロトタイプ。「超」整理手帳はここから生まれました。

「超」整理手帳について

時間には、ふたつあって、ひとつはクロノス的な時間。 時計の秒針が動くようにチクタク刻まれる時間。もうひとつは、カイロス的な時間。タイミング次第で、のびたり縮んだりする内的な時間のこと。 時間をコントロールするには、アナログ的に‘時間’を見ること、そして、‘時間’を手におさめるサイズにすること。 いうならば、クロノスから、カイロスへのシフト。それが、ポスタルコも試してみた、「超」整理法です。

「私は、いちばん大切なことは、カレンダーの余白でやっている。 いつもカレンダーをアポイントで真っ黒にしているヒトは、 実は、たいした仕事をしていないものだ。」

野口悠紀雄  

野口悠紀雄

1940年、東京都生まれ。63年東京大学工学部卒業後、64年に大蔵省入省、72年にエール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。 一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授などを経て、2005年4月より早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授。 専攻はファイナンス理論、日本経済論。多くの著書や雑誌の連載などで、日本経済と世界経済の諸問題を鋭い視点で解き明かす経済学者であり、 ミリオンセラーとなった『「超」整理法』の著者としても広く知られる。74年に『情報の経済理論』で日経経済図書文化賞、 80年に『財政危機の構造』でサントリー学芸賞を受賞。そのほかの著作に『図解「超」勉強法』『超「超」整理法』『金融危機の本質は何か』 『未曾有の経済危機 克服の処方箋―国、企業、個人がなすべきこと』『世界経済が回復するなか、なぜ日本だけが取り残されるのか』 『経済危機のルーツ ―モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか』などがある。

プレスコットンと革について

牛革

伸縮性が少なく型崩れしにくい、厳選された牛革を使用。植物の渋成分(タンニン)によってなめされています。 このなめし方は、手間と時間がかかりますが、化学物質を使ったクロムなめしよりも環境への負担が軽減されます。

革の染色方法について

一枚の革の中でも、場所によって色や質感にバリエーションがあります。 革の表面を均一にするために、顔料で塗装する方法が一般的ですが、残念ながらこの方法は革の自然な風合いを損ない、長期間使用すると塗装がはがれてきます。 ポスタルコの革の色付けには染料染めを採用しています。革の表面の味を生かす染料でオリジナルカラーに染めてあるため、使い込むほどに風合いが増していき、経年変化を楽しめます。 革には一枚ずつ違った表情があります。縞の色むらの様に見えるのはトラと呼ばれる革の繊維の模様です。この柄はひとつとして同じものがありません。 自然な加工法の丈夫な革ですので手入れをすることにより長期間使用することができます。

プレスコットン

テント地を作るときに使われていた機械でプレスしています。 使い込むうちに、ジーンズのように元の生地の生成り色が少しずつ見えてきて、柔らかくなり手に馴染んできます。 自然なコットンの風合いを残すためにあえて防水加工はせず、軽い撥水加工がしてあります。天然素材なので、まれに繊維の節が強く出ることがあります。 また織糸の太さは均一ではありませんが、これこそが、コットンの持ち味です。自然な素材なので、表面に若干のしわが出ることがあります。

ケア方法

牛革

水濡れや汗、摩擦などが原因で色落ちする場合がございます。濡れてしまった場合はすぐに柔らかい布で軽く拭き自然乾燥させて下さい。 そのままにしておくとシミが残ったり、わずかに膨張したりすることがありますので十分にご注意ください。

プレスコットン

濡れてしまったら、すぐに乾いた柔らかな布で、軽く叩くようにして、すばやく水気を取って下さい。 強くこすったり拭いたりすると色落ちして白いしみになることがあります。その後、通気のよいところで陰干しするようにして下さい。 (空調の下など、温度の変化が激しいところでは生地に歪みが出ることがあります)

Accordion calendar fully opened shows 8 weeks viewable at once.
カレンダーは蛇腹式。蛇腹を広げることで最大8週間の予定を見ることができます。

Material / マテリアル

Professor Noguchi made these original calendar prototypes in 1994.
1994年に野口悠紀雄が自作した「超」整理手帳のプロトタイプ。「超」整理手帳はここから生まれました。

Accordion calendar fully opened shows 8 weeks viewable at once.
カレンダーは蛇腹式。蛇腹を広げることで最大8週間の予定を見ることができます。

Material / マテリアル