TRAVEL WALLET for CALDER FOUNDATION


This organizer is embossed with Calder graphic designs made in the 1965-66. The Travel Wallet keeps together airplane tickets, itineraries, passports, cards and receipts but we have seen it used for everything from bank paperwork to tea bags. Three expanding main pockets, two card pockets, and pen slot on backside. Goatskin and Pressed Cotton fabric. Handmade in Japan.

POSTALCO for CALDER FOUNDATION

Alexander Calder is well known for his invention of the mobile. What really struck us is his genius for working across so many established genres and his ability to use everyday materials to make unexpected works. Inspired by the work of Alexander Calder, and in collaboration with the Calder Foundation in New York, we've made a new collection of leather items and stationery.

カルダーが1965~66年に描いた特徴的なモチーフを印刷したトラベルウォレット。
航空券やパスポート、地図やカードが一つに収まるサイズ。 半券やメモなどをまとめて入れておくことができるのはもちろん、3つ折りのA4書類も入れておけます。
3つの大きなポケットと内側に小さな名刺サイズのポケットが2つあります。 後ろ側には、ペンを挟んでおくことのできる幅広のペンホルダー。日本製。

ポスタルコ、カルダーに出会う

アレクサンダー・カルダーは、モビールを発明したアーティストとして知られています。 色々なカルダーの作品を見た中でいちばんビックリしたのは、ジャンルを越境してさまざまな作品をつくった天才ぶりです。 そして、身の回りにある材料で思いも寄らない作品をつくり上げたこと。 カルダー財団のアーカイブに収集されている作品から、 私たちが特に気に入ったものをクラッシックなポスタルコの革製品と紙製品にエンボス印刷しました。


TRAVEL WALLET FOR CALDER FOUNDATION

Travel Wallet for Calder Foundation
No.10018GSCA Goatskin & Fabric
27 x 13 cm / 10.5 x 5.5"

Sold out.
販売は終了致しました。

10018GSCA

CARD HOLDER for CALDER FOUNDATION


This wallet is embossed with Calder graphic designs made in the 1965-66. Wrapped in a single piece of finished edge leather. Two inner pockets are flat but expand to hold an assortment of cards and folded bills. Perfect for carrying the essentials. Goatskin and Pressed Cotton fabric. Handmade in Japan.

カルダーが1965~66年に描いた特徴的なモチーフを印刷したカードホルダー。
一枚の革でくるまれた向かい合わせの2つのポケットからなる名刺入れです。 定期券やカード、お札を入れてスリムな財布としても使えます。日本製。


TRAVEL WALLET FOR CALDER FOUNDATION

Card Holder for Calder Foundation
No.10038GSCA Goatskin & Fabric
11 x 6.9 cm / 4.4 x 2.7"

Sold out.
販売は終了致しました。

10038GSCA

TOOL BOX for CALDER FOUNDATION


This wallet is embossed with Calder graphic designs made in the 1965-66. A pencil box is the smallest desk. With a pencil box, wherever you are, it's possible to get some work done. It's hard to find a pencil box that doesn't get in the way but still holds all the things you need. We decided to make one that works like a tool box; when open it's stable. Holds 36 pencils. Goatskin and Pressed Cotton fabric. Handmade in Japan.

カルダーが1965~66年に描いた特徴的なモチーフを印刷したツールボックス。
筆箱は最小のデスクともいえます。 それさえあれば、
どんなところでも知的生産ができるのですから。 でもなかなか気に入るものがみつかりませんでした。カサばらず、それでいてたくさん収納できるようなもの。 ポスタルコがつくったのは、口を開くとツールボックスのように安定します。 3ダース(36本)もエンピツが入るなんて信じられますか?日本製。


TOOL BOX for CALDER FOUNDATION

Tool Box for Calder Foundation
No.10020GSCA Goatskin & Fabric
21.3 x 9.3 x 3 cm / 8.4 x 3.7 x 1.2"

Sold out.
販売は終了致しました。

10020GSCA

CALDER FOUNDATION

Founded in 1987, the Calder Foundation is dedicated to collecting, exhibiting, preserving, and interpreting the art and archives of the American artist Alexander Calder (1898–1976). From the invention of the mobile to the creation of outdoor sculpture on a grand scale in bolted steel plate, Calder profoundly transformed the history of modern art. Writing in 1933, Calder asked, “Why not plastic forms in motion? Not a simple translatory or rotary motion but several motions of different types, speeds and amplitudes composing to make a resultant whole. Just as one can compose colors, or forms, so one can compose motions.” Over the course of seven decades, he made some 22,000 works that range from wire sculptures, mobiles, stabiles, monumental sculptures, paintings, and drawings, to lesser-known works such as jewelry, furniture, bronzes, and household objects. With the innovative genius of an artistic expression integrating time, space, and the actuality of the moment, Calder erased boundaries between established genres and became a forerunner for interdisciplinary projects that would emerge over the twentieth century.

About Pressed Cotton & Leather

Geology Goatskin Leather

The earthy surface of this leather resembles tiny mountains ranges and river valleys as seen from high up in the atmosphere. These miniature landscapes are created by shrinking the leather. As part of the tanning process the leather grain is tightened and shrunken until the distinctive textured surface is created. The naturally shrunken skin becomes smaller, giving the craftsmen less material to work with but more importantly the leather still retains its softness. Since shrunken leather is more dense, it is more durable. Irregular surfaces textures and colors within each skin are the sign of naturally shrunken leather. We consider these natural variations while making each piece, imparting its unique character. This full-grained Geology Goatskin is matched up with our Pressed Cotton fabric to build Postalco wallets and cases. Made in Japan.

Pressed Cotton

This fabric is made with the same machines that were used to make tent fabric. The base color of the white threads will become more apparent and it will soften with use. To keep the natural feeling of the material we did not waterproof coat the surface. There is a light water resistant treatment. Cotton is a natural material so slubs and irregularity in the fibers are part of its character. It is possible for wrinkles to appear as well.

Care

Geology Goatskin Leather

With use the shine will mellow and surface scratches picked up along the way will get worked in. The color will also deepen with use. To keep the natural surface of this material we have only coated this leather with a light water resistant treatment. Naturally finished leathers and materials may crock or rub off. Please take care to keep your wallet dry. If it gets wet in the rain or with water it is more likely for the colors to crock. If it does get wet pat dry with a soft cloth. Shade dry. If the surface gets dry, please use a mild creme over the entire leather surface (such as clear Delicate Shoe Cream) to replenish the moisture. Be sure to use only clear cream as any color will rub off! At Postalco to get the leather moisturizer into the nooks and crannies we use a toothbrush to apply the cream.

Pressed Cotton

If your wallet gets wet, pat dry with a soft cloth to absorb any liquid. With strong rubbing the color may come off leaving light spots. Please shade dry in a well ventilated area. If placed near air conditioners or heaters the item may warp.

Catalogue drawings of Black Mobile and Giraffe, 1941
ブラックモビールとジラフのカタログ用ドローイング 1941


Delicate Cream /
デリケートクリーム

カルダー財団について

カルダー財団は1987年に創設され、アメリカ人アーティスト、アレクサンダー・カルダー(1898-1976)の作品とドキュメントを収集、展示、保存することを目的にしています。カルダーは、いわゆるモビールの発明から、ボルトで組んだ鉄の台座にのせた大きな屋外彫刻の制作まで、近代美術の歴史をすっかり変えてしまいました。 1933年にカルダーはこんな問いかけをしています。「どうして、フォルムが動いて変化してはいけないの?」ただの運動を伝導するメカニズムや輪転機ではなく、さまざまなタイプのスピード、振幅を組み合わせて全体として新しい動きが生まれるようなモビールで、色や形を組み合わせるように動きを構成することができるというのです。 およそ70年にわたって、針金の彫刻、モビール、オブジェ、モニュメンタルな作品、油絵、線描から、ジュエリー、家具、ブロンズ、
日用品といった知られざるものまで、カルダーは22,000点もの作品を制作しました。時間と空間、それにイキイキとした「いま」を融合させて、それをアートとして表現する…、カルダーこそはイノベーションの天才といえるでしょう。 それまでのジャンルを隔てていた境界線を消してしまうことで、20世紀に数多く生まれた学際的プロジェクトの先駆者となったのです。

プレスコットンと革について

ジオロジーゴートスキン

この革の表面は、小さな山あり、谷あり、川あり、まるで遠くから見た地球の表面みたいです。鞣しの工程で、革の目をギュッと詰まらせて、シボといわれる風合いを生み出します。 ふつう、革は縮むと小さくなるものですが、ポイントは、しなやかさを失わないようにすること。それでいて、ずっしりしていて、耐久性にすぐれていなければいけません。
ナチュラルな縮みならではの、不ぞろいな質感、色。ひとつとして、同じものがありません。 フルグレインのジオロジーゴートスキンとポスタルコの圧縮コットンが絶妙にマッチしたウォレットとケースです。しなやかなゴートスキンは、使い込むほどに風合いを深めます。

プレスコットン

テント地を作るときに使われていた機械でプレスしています。 使い込むうちに、ジーンズのように元の生地の生成り色が少しずつ見えてきて、柔らかくなり手に馴染んできます。 自然なコットンの風合いを残すためにあえて防水加工はせず、軽い撥水加工がしてあります。天然素材なので、まれに繊維の節が強く出ることがあります。 また織糸の太さは均一ではありませんが、これこそが、コットンの持ち味です。自然な素材なので、表面に若干のしわが出ることがあります。

ケア方法

ジオロジーゴートスキン

水濡れや汗、摩擦などが原因で色落ちする場合がございます。濡れてしまった場合はすぐに柔らかい布で軽く拭き自然乾燥させて下さい。 そのままにしておくとシミが残ったり、わずかに膨張したりすることがありますので十分にご注意ください。通常のお手入れは乾いた柔らかい布で乾拭きするだけで充分です。 小さな傷や水染みは、透明なデリケートクリームを全体になじませることで目立たなくなります。ポスタルコでは凹凸のある革にクリームを塗るときには、細かいところまで塗れるので歯ブラシを使用しています。

プレスコットン

濡れてしまったら、すぐに乾いた柔らかな布で、軽く叩くようにして、すばやく水気を取って下さい。 強くこすったり拭いたりすると色落ちして白いしみになることがあります。その後、通気のよいところで陰干しするようにして下さい。 (空調の下など、温度の変化が激しいところでは生地に歪みが出ることがあります)

Calder in his New York storefront studio, 1936
Photo by Herbert Matter
カルダー ニューヨークのスタジオにて 1936
写真: ハーバート・マター


Material / マテリアル

Catalogue drawings of Black Mobile and Giraffe, 1941
ブラックモビールとジラフのカタログ用ドローイング 1941


Delicate Cream /
デリケートクリーム

Calder in his New York storefront studio, 1936
Photo by Herbert Matter
カルダー ニューヨークのスタジオにて 1936
写真: ハーバート・マター


Material / マテリアル