SNAP PADS for CALDER FOUNDATION

This Snap Pad is embossed with one of Calder’s drawings from about 1953. These days there is more scrap copy paper floating around than ever before. We made these Snap Pads to capture and make it easy to use those loose A4 ( and 8½ x 11" ) copy papers. Perfect for To Do lists or for working out ideas. To use make holes in the top edge of the papers with a standard 2-hole puncher and snap them into the Snap Pad. To use the A5 size, just cut the A4 ( or 8½ x 11" ) papers in half, punch holes, and snap them in! Wrapped with Pressed Cotton Fabric for durability. Holds about 100 sheets. Handmade in Japan. ( Patented ) *note: in the U.S. 2 hole punches are available at Muji stores. Handmade in Japan.

POSTALCO for CALDER FOUNDATION
Alexander Calder is well known for his invention of the mobile. What really struck us is his genius for working across so many established genres and his ability to use everyday materials to make unexpected works. Inspired by the work of Alexander Calder, and in collaboration with the Calder Foundation in New York, we've made a new collection of leather items and stationery.

カルダーが1953年頃に描いたドローイングを印刷したスナップパッド。
この頃、身の回りに要らないA4サイズの紙がふえているような気がします。 そこで、これを野放しにしないで、ひとつにまとめておくためのスナップパッド。 こうすれば、To Doリストになるし、アイデア帖にもピッタリ。 使い方は、紙をそろえて上の端っこに2穴パンチで穴をあけるだけで、はい、スナップパッドの出来上り。
カバーを付けて、どこへでも持ち運びやすい。かさばらない。 A5サイズを使うときは、A4の紙を半分にカットして、おなじ手順。 耐久性にすぐれたプレスコットン張り。コピー用紙約100枚を留められます。日本製。

ポスタルコ、カルダーに出会う
アレクサンダー・カルダーは、モビールを発明したアーティストとして知られています。 色々なカルダーの作品を見た中でいちばんビックリしたのは、ジャンルを越境してさまざまな作品をつくった天才ぶりです。 そして、身の回りにある材料で思いも寄らない作品をつくり上げたこと。カルダー財団のアーカイブに収集されている作品から、 私たちが特に気に入ったものをクラッシックなポスタルコの革製品と紙製品にエンボス印刷しました。

Snap Pad A4 for Calder Foundation

Snap Pad A4 for Calder Foundation
No.20145CA Pressed Cotton Fabric Cover
22.5 x 32 cm / 8.8 x 12.5"
¥ 5,940

20145CA

Snap Pad A5 for Calder Foundation

Snap Pad A5 for Calder Foundation
No.20146CA Pressed Cotton Fabric Cover
16 x 23 cm / 6.3 x 9.1"
¥ 4,860

20146CA

NOTEBOOK A5 for CALDER FOUNDATION


“That others grasp what I have in mind seems unessential, at least as long as they have something else in theirs.”
—Alexander Calder, What Abstract Art Means to Me, 1951

This notebook cover is embossed with a drawing of Calder's mobile, S-shaped Vine. Interspersed within the notebook are ten pages of photographs, paintings, writings, and drawings. Images were chosen from the archives of the Calder Foundation in New York. Calder made some 22000 works, and we found these particularly inspiring.

Pressed Cotton Fabric
Starch-pressed cotton is bonded to the cover of these notebooks. The colors will lighten with use and the weave of the fabric will become more apparent. The fabric is water-resistant treated. Our steel spiral binding is set on the back cover to make it possible to label the spine. Made in Japan.

Pin-graph Paper
Versatile paper with a texture that keeps the pen from slipping too easily and makes it an ideal writing surface to keep thoughts flowing. Suitable for writing or drawing. This paper is ecologically made and chlorine free. Notebook pages are printed with Pin-graph, Postalco's original 1 x 1mm blue graph paper.

他人が私の心のなかにあるものを理解するのは、どうでもいいことです。 たいせつなのは、彼らが自分のなかになにかを持っているかどうかです。
アレクサンダー・カルダー
『What Abstract Art Means to Me』1951

カルダーの「S-シェープ ヴァイン」というモビールの為のドローイングをエンボス印刷したノートブック。
ノートの中には、カルダーについての写真、絵、言葉、ドローイングが10ページにもわたってちりばめられています。 図版は、すべてNYのカルダー財団所蔵品からセレクトしたもの。カルダーは、22000点もの作品を残していますが、 その中でもポスタルコはここに選んだものにインスパイアされました。

プレスコットン
プレスコットンがノートの表紙に貼ってあります。 表面の色は使い込むうちに段々と褪せて布の織り目の表情が豊かになります。又、表面には撥水加工がほどこしてあります。 裏側にスパイラルリングをもってきたことで、背表紙にラベリングすることもできます。日本製。

ピングラフの紙
多様性のある紙は、書き物にもスケッチにも向いています。環境にやさしい、無漂白パルプの紙です。 ピングラフはポスタルコのオリジナルで、ブルーの1mm方眼です。

NOTEBOOK A5 for CALDER FOUNDATION

Notebook A5 for Calder Foundation
No.20124CA Pressed Cotton Fabric Cover
A5(14.8 × 21cm)/ 5.8 x 8.3"
¥ 3,780

20124CA

CALDER FOUNDATION

Founded in 1987, the Calder Foundation is dedicated to collecting, exhibiting, preserving, and interpreting the art and archives of the American artist Alexander Calder (1898–1976). From the invention of the mobile to the creation of outdoor sculpture on a grand scale in bolted steel plate, Calder profoundly transformed the history of modern art. Writing in 1933, Calder asked, “Why not plastic forms in motion? Not a simple translatory or rotary motion but several motions of different types, speeds and amplitudes composing to make a resultant whole. Just as one can compose colors, or forms, so one can compose motions. ” Over the course of seven decades, he made some 22,000 works that range from wire sculptures, mobiles, stabiles, monumental sculptures, paintings, and drawings, to lesser-known works such as jewelry, furniture, bronzes, and household objects. With the innovative genius of an artistic expression integrating time, space, and the actuality of the moment, Calder erased boundaries between established genres and became a forerunner for interdisciplinary projects that would emerge over the twentieth century.


Catalogue drawings of Black Mobile and Giraffe, 1941
ブラックモビールとジラフのカタログ用ドローイング 1941



About Pressed Cotton Fabric

This fabric is made with the same machines that were used to make tent fabric. The base color of the white threads will become more apparent and it will soften with use. To keep the natural feeling of the material we did not waterproof coat the surface. There is a light water resistant treatment. Cotton is a natural material so slubs and irregularity in the fibers are part of its character. It is possible for wrinkles to appear as well.


Care

If your item gets wet, pat dry with a soft cloth to absorb any liquid. With strong rubbing the color may come off leaving light spots. Please shade dry in a well ventilated area. If placed near air conditioners or heaters the item may warp.

カルダー財団について

カルダー財団は1987年に創設され、アメリカ人アーティスト、 アレクサンダー・カルダー(1898-1976)の作品とドキュメントを収集、展示、保存することを目的にしています。 カルダーは、いわゆるモビールの発明から、ボルトで組んだ鉄の台座にのせた大きな屋外彫刻の制作まで、近代美術の歴史をすっかり変えてしまいました。 1933年にカルダーはこんな問いかけをしています。「どうして、フォルムが動いて変化してはいけないの?」 ただの運動を伝導するメカニズムや輪転機ではなく、さまざまなタイプのスピード、 振幅を組み合わせて全体として新しい動きが生まれるようなモビールで、色や形を組み合わせるように動きを構成することができるというのです。 およそ70年にわたって、針金の彫刻、モビール、オブジェ、モニュメンタルな作品、油絵、線描から、ジュエリー、家具、ブロンズ、
日用品といった知られざるものまで、カルダーは22,000点もの作品を制作しました。 時間と空間、それにイキイキとした「いま」を融合させて、それをアートとして表現する…、カルダーこそはイノベーションの天才といえるでしょう。 それまでのジャンルを隔てていた境界線を消してしまうことで、20世紀に数多く生まれた学際的プロジェクトの先駆者となったのです。


Calder in his New York storefront studio, 1936
Photo by Herbert Matter
カルダー ニューヨークのスタジオにて 1936
写真: ハーバート・マター


プレスコットンについて

テント地を作るときに使われていた機械でプレスしています。 使い込むうちに、ジーンズのように元の生地の生成り色が少しずつ見えてきて、柔らかくなり手に馴染んできます。 自然なコットンの風合いを残すためにあえて防水加工はせず、軽い撥水加工がしてあります。 天然素材なので、まれに繊維の節が強く出ることがあります。 また織糸の太さは均一ではありませんが、これこそが、コットンの持ち味です。 自然な素材なので、表面に若干のしわが出ることがあります。


ケア方法

濡れてしまったら、すぐに乾いた柔らかな布で、軽く叩くようにして、すばやく水気を取って下さい。 強くこすったり拭いたりすると色落ちして白いしみになることがあります。 その後、通気のよいところで陰干しするようにして下さい。 (空調の下など、温度の変化が激しいところでは生地に歪みが出ることがあります)