TRIPLE CASE

TRIPLE CASE

Triple Case
No.40002 Farmer's Felt
11 x 20 cm / 4.3 x 7.9"
¥ 21,600

40002

This long wallet has three main pockets that fold flat but expand to hold cash, cards and coins. The credit card pocket has 3 sections that keep the cards neatly stacked and vertical for easy access and visibility. Holds about 15 credit cards. Cotton fabric lining added to inside pockets for durability. Our original cut brass snap closure has a texture inspired by the human fingerprint. Handmade in Japan.

Farmer’s Felt

We wondered if it is possible to develop a thick washi, instead of leather, for a new kind of wallet. Over a year of development resulted in a material durable enough to be used. More like a felt than what we think of as paper, Farmer’s Felt was born. Farmer’s Felt is used to make our first completely leather-free and vegetarian wallet. Less than half the weight of leather of the same thickness, Farmer’s Felt is an interlocked vegetable fiber felt made mainly with kozo (paper mulberry). With use the wallet fibers relax and Farmer’s Felt molds to the contents carried developing a sheen and patina.
arrowAbout Farmer's Felt

この長財布は畳むとフラットになりますが、現金、カード、小銭を収められるように3つのポケットがあります。クレジットカードを入れるポケットはカードをすっきりと収納できるだけでなく、縦に入れられるので、見やすく取り出しやすくなっています。約15枚収納可能。すべてのポケットは、コットンのライニングで補強。オリジナルの真鍮の留め具には、指紋をイメージした模様が刻まれています。日本製。

ファーマーズ・フェルト

和紙の風合いを残しながら、日常生活に耐えうる強度を持たせるよう独自に開発した新しい素材を、ファーマーズ・フェルトと名付けました。ポスタルコ初のいっさい革を使わないベジタリアンウォレットはこの新しい素材で作られています。同じ厚みの革と比べると重量は半分以下。ファーマーズ・フェルトは、主に「こうぞ(楮)」で作られた植物繊維を組み合わせたものです。この手漉きの格別に熱い和紙は、紙というよりはフェルトの層のようです。これを財布の材質に用いると中身にフィットして、使い込むほどに光沢と味わいが生まれます。
arrowファーマーズ・フェルトについて


Video made for Postalco by Onnacodomo. 
Onnacodomoによるポスタルコの映像



About Farmer’s Felt

In the Paper Kitchen

Fujimori-san’s paper factory is like a large kitchen.Bark fiber strips are soaked in water and layed out on tables for trimming. The paper makers wear kitchen aprons and hats. Pots boil with mixtures that look like oatmeal. Deckle-edged paper sheets are warming like pancakes on a heated griddle like surface. We are creating something new by building on the 2000 years of traditional wisdom of transforming tough mulberry bark into exceptionally durable paper.

Making Farmer’s Felt

These handmade papers use much longer fibers than standard machine made papers. When soaked in water and strained over a screen by master paper makers these fibers intertwine into a strong layer. Getting an even layer of fibers over the wooden framed screens is deceptively simple looking. A mixture of fibers and water are scooped onto large wooden framed screens. The paper craftsmen skillfully move the frames to allow the water to flow back and forth across the screen interlocking the fibers. This creates a thick layer of fibers, less like paper and more like felt. To remove excess water the sheets are carefully lifted and pressed flat with hand rollers. Polishing each sheet by hand with the famously smooth fresh tsubaki leaf (Japanese camelia) finishes the unique texture. Kozo (mulberry) bark fibers are the strongest of the washi fibers and is the main ingredient in Farmer’s Felt. It is grown as a sustainable farm crop, regenerating every year.

Ecological Farmer’s Felt

Kozo is a completely renewable resource. Branches to make the fibers are judiciously trimmed allowing the plant to grow back yearly. Acid free and archival. Chlorine-free bleaching process used. No OBA (Optical Brightening Agents). No heavy metals used in the dying or coloring. No nitrogen dioxide (NO2) or sulfur dioxide (SO2) are emitted during paper manufacturing. Papers made in an ISO 14001 certified facility. Any waste fibers are recycled in the making process.

About Awagami Factory

The Fujimori family has handmade paper solely in Tokushima, Japan for over 90 years. Fujimori-san, head of Awagami Factory, was recognized by the Japanese government for technical excellence and preserving traditional washi making. They represent 8 generations of family knowledge and skill. ISO 14001 certified.
www.awagami.or.jp

Care

Though Postalco Farmer’s Felt is remarkably strong for paper, gentle handling is required. To keep the natural feeling of the material we did not waterproof coat the surface. There is a light water resistant treatment.
If your wallet gets wet, pat dry with a soft cloth to absorb any liquid. Please shade dry in a well ventilated area. If placed near air conditioners or heaters the item may warp.
Japanese paper is a natural material so irregularity in the color and size of fibers are part of its character. It is possible for wrinkles and surface variations to appear as well.


Material / マテリアル

ファーマーズ・フェルトについて

紙工房で

藤森さんの工房は、大きなキッチンみたいです。 楮の皮を剥がしたものが水に浸けてあって、 それがすんだものは傷や芽などを取り除くためにテーブルに並べてあります。 職人さんたちは、エプロンをして頭にはぼうしを被っています。 お鍋でオートミールみたいに原料を煮ています。耳の付いた紙が、 鉄板の上のパンケーキのように温められています。 荒れた農地をならして、楮の木を育て、 その樹皮を繊維にして、すばらしく強い紙に作り上げる…、 2000年以上の歴史を持つ紙作りの知恵が、 さらなる歴史を生み出そうとしているのです。

ファーマーズ・フェルトの製法

これらの手漉き和紙には、機械製造の紙よりもずっと長い繊維を使っています。 水に浸けられ、簀桁(すけた)と呼ばれる木製の漉き枠と竹製の簀を用い、 職人さんの手で繰り返し水にといた原料を組み込みます。 簀桁を前後に操作して、巧みに繊維の目を密にしていきます。 漉いている作業はこんなに複雑なことが起きているようには見えないのですが。 こうした工程によって繊維の隙間が詰まっていって、紙というよりもフェルトに近いものが生まれるのです。 余分な水を切るために、和紙のシートは簀桁から取り出されてローラーを手作業で回し、平らに張り付け自然乾燥させます。 耳の始末や細かいシワにはツバキの葉を紙になで付けることで、自然で独特なテクスチャーが生まれます。 「楮」の樹皮の繊維は和紙の代表的な繊維の中でもいちばん強靭で、 ファーマーズ・フェルトの主材料に用いられています。 持続可能な繊維作物として、1年ごとに収穫が可能です。

環境に優しいファーマーズ・フェルト

再生可能資源:和紙の原料を作る為の楮の幹は、毎年の成長を考慮して収穫されています。 中性紙使用。無塩素漂白。蛍光増白剤無使用。 いかなる染め、染色、製作の工程でも重金属は無使用。二酸化窒素、二酸化硫黄無排出。 紙はISO14001認可の施設で製造されています。 製造途中で生まれる余剰繊維は、リサイクルされます。

阿波紙工房について

藤森家は徳島県北部でただ1戸だけ残った和紙製造業者として、手漉き和紙を90年にわたって作り続けています。 その優れた技芸と、8世代にわたる和紙作りの伝統から、阿波紙工房の理事である藤森さんは 経済産業省に表彰されています。ISO14001認可。
www.awagami.or.jp

ケア方法

ポスタルコのファーマーズ・フェルトは、紙としては強度を持っていますが丁寧な取り扱いが必要です。 自然な風合いを残すためにあえて防水加工はせず、軽い撥水加工がしてあります。 もし濡れてしまったら、すぐに乾いた柔らかな布で軽く叩くようにして、すばやく水気を取って下さい。 通気のよいところで陰干しして下さい。 (空調の下など、温度の変化が激しいところでは歪みが出ることがあります) この和紙は自然な素材なので、表面にシワや凹凸、繊維の混入や色むらが見られることがあります。






Material / マテリアル