GEOLOGY GOATSKIN CALENDAR COVER for「超」整理手帳

Geology Goatskin Calendar Cover for「超」整理手帳

Geology Goatskin Calendar Cover for「超」整理手帳
No.60001 Goatskin
22.5 x 9.5 cm / 8.8 x 3.7"
¥ 30,240

60001 2702 2704


This envelope shaped cover is made to fit the long thin format of the Cho Seiri Calendar. Long pen sleeve on the backside keeps pen secure. 2 card pockets. Geology Goatskin Leather and calfskin with pigskin lining: all leather construction. The leather color will darken and the shape will soften with use. Handmade in Japan.

「超」整理手帳ベーシックサイズ用のカバー。
後ろにペン差し、中にはカード入れが2つ。ジオロジーゴートスキン、カーフスキン、ピッグスキンのライニング。革は使い込むほどに風合いを増します。日本製。


About Cho Seiri Calendar

There are two types of time. One is Chronos: time that is evenly measured by the tick-tock of a clock’s hand. There is the other kind of time that is felt internally. It stretches out or speeds up depending on the moment. That irregular kind of time is Kairos. To be able to understand the passing of time we make time visible and analog; we use sand in an hourglass or pages of a calendar. This is making time into something that fits into your hand. After using this calendar we felt it is the connection between Chronos time and Kairos time.

"I am doing my most important work in the blank spaces in my calendar. It might be possible that the person who fills his calendar up with appointments looks busy
but is actually doing very little work."

-Yukio Noguchi  

Yukio Noguchi

Macro economist specializing in financial theory and the Japanese economy. Born in Tokyo in 1940. After graduating from the Faculty of Engineering of the University of Tokyo in 1963, Mr.Noguchi joined the Ministry of Finance in 1964 and received a Ph.D. in Economics from Yale University in 1972. After serving as Professor at Hitotsubashi University and the University of Tokyo and Visiting Professor at Stanford University, he became Professor at the Waseda Graduate School of Finance, Accounting and Law in April 2005.

About Geology Goatskin Leather

Geology Goatskin Leather

The earthy surface of this leather resembles tiny mountain ranges and river valleys as seen from high up in the atmosphere. These miniature landscapes are created by shrinking the leather. As part of the tanning process the leather grain is tightened and shrunken until the distinctive textured surface is created. The naturally shrunken skin becomes smaller, giving the craftsmen less material to work with but more importantly the leather still retains its softness. Since shrunken leather is more dense, it is more durable. Irregular surfaces textures and colors within each skin are the sign of naturally shrunken leather. We consider these natural variations while making each piece, imparting its unique character. Made in Japan.

Inside leather

Calfskin is also vegetable tanned and aniline dyed. The grain is very fine and tightly packed allowing it to be durable and soft at the same time. With use it will continue to soften and develop a patina.

Lining

Why use leather lining inside the pockets? Your eyes may not see it but your hands do. Pigskin feels great as a lining material and will last much longer than fabric linings.

Care

Geology Goatskin Leather

With use the shine will mellow and surface scratches picked up along the way will get worked in. The color will also deepen with use. To keep the natural surface of this material we have only coated this leather with a light water resistant treatment. Naturally finished leathers and materials colors may crock or rub off. Please take care to keep your wallet dry. If it gets wet in the rain or with water it is more likely for the colors to crock. If it does get wet pat dry with a soft cloth. Shade dry. If the surface gets dry, please use a mild creme over the entire leather surface (such as clear Delicate Shoe Cream) to replenish the moisture. Be sure to use only clear cream as any color will rub off! At Postalco to get the leather moisturizer into the nooks and crannies we apply the cream with a toothbrush.

Professor Noguchi made these original calendar prototypes in 1994.
1994年に野口悠紀雄が自作した「超」整理手帳のプロトタイプ。「超」整理手帳はここから生まれました。



「超」整理手帳について

時間には、ふたつあって、ひとつはクロノス的な時間。 時計の秒針が動くようにチクタク刻まれる時間。もうひとつは、カイロス的な時間。タイミング次第で、のびたり縮んだりする内的な時間のこと。 時間をコントロールするには、アナログ的に‘時間’を見ること、そして、‘時間’を手におさめるサイズにすること。 いうならば、クロノスから、カイロスへのシフト。それが、ポスタルコも試してみた、「超」整理法です。

「私は、いちばん大切なことは、カレンダーの余白でやっている。 いつもカレンダーをアポイントで真っ黒にしているヒトは、 実は、たいした仕事をしていないものだ。」

野口悠紀雄  

野口悠紀雄

1940年、東京都生まれ。63年東京大学工学部卒業後、64年に大蔵省入省、72年にエール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。 一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授などを経て、2005年4月より早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授。 専攻はファイナンス理論、日本経済論。多くの著書や雑誌の連載などで、日本経済と世界経済の諸問題を鋭い視点で解き明かす経済学者であり、 ミリオンセラーとなった『「超」整理法』の著者としても広く知られる。74年に『情報の経済理論』で日経経済図書文化賞、 80年に『財政危機の構造』でサントリー学芸賞を受賞。そのほかの著作に『図解「超」勉強法』『超「超」整理法』『金融危機の本質は何か』 『未曾有の経済危機 克服の処方箋―国、企業、個人がなすべきこと』『世界経済が回復するなか、なぜ日本だけが取り残されるのか』 『経済危機のルーツ ―モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか』などがある。

ジオロジーゴートスキンについて

ジオロジーゴートスキン

この革の表面は、小さな山あり、谷あり、川あり、まるで遠くから見た地球の表面みたいです。鞣しの工程で、革の目をギュッと詰まらせて、シボといわれる風合いを生み出します。 ふつう、革は縮むと小さくなるものですが、ポイントは、しなやかさを失わないようにすること。それでいて、ずっしりしていて、耐久性にすぐれていなければいけません。 ナチュラルな縮みならではの、不ぞろいな質感、色。ひとつとして、同じものがありません。しなやかなゴートスキンは使い込むほどに風合いを深めます。

カーフ革(内革)

植物なめしの牛革を使用。カーフ革は、繊維の目がつまっているので、 きめが細かくなめらかな、強い革です。使い込むほどに、独特の味がでてきます。

ピッグスキン(裏革)

植物なめしの豚革を使用。染料染めのみで仕上げてあります。 上から顔料やニスを塗っていないので、しなやかで柔らかい革本来の風合いが楽しめます。

ケア方法

ジオロジーゴートスキン

水濡れや汗、摩擦などが原因で色落ちする場合がございます。濡れてしまった場合はすぐに柔らかい布で軽く拭き自然乾燥させて下さい。 そのままにしておくとシミが残ったり、わずかに膨張したりすることがありますので十分にご注意ください。通常のお手入れは乾いた柔らかい布で乾拭きするだけで充分です。 小さな傷や水染みは、透明なデリケートクリームを全体になじませることで目立たなくなります。ポスタルコでは凹凸のある革にクリームを塗るときには、細かいところまで塗れるので歯ブラシを使用しています。

Accordion calendar fully opened shows 8 weeks viewable at once.
カレンダーは蛇腹式。蛇腹を広げることで最大8週間の予定を見ることができます。

Delicate Cream / デリケートクリーム

Professor Noguchi made these original calendar prototypes in 1994.
1994年に野口悠紀雄が自作した「超」整理手帳のプロトタイプ。「超」整理手帳はここから生まれました。

Accordion calendar fully opened shows 8 weeks viewable at once.
カレンダーは蛇腹式。蛇腹を広げることで最大8週間の予定を見ることができます。


Delicate Cream / デリケートクリーム