PRISM GLASSES CASE

PRISM GLASSES CASE

Prism Glasses Case
No.90068 Crossgrain Leather
4.5 x 17 x 7 cm / 1.8 x 6.7 x 2.8"
¥ 25,920

90068

The shape of this glasses case comes from the triangular prism. A glass prism catches the light, and changes it. Looking through a prism reminds me that my eyes are absorbing light a lot like two prisms. Eyes catch the light and allow us to know something from a distance- before we actually touch it. Eye glasses are prisms we can wear. It seems strange that having glass pieces in front of eyes helps to see the world around us better. This glasses case is a solid case made with three kinds of leather. Made with our Crossgrain and calfskin exterior with soft cushioned pigskin lining. Original cut brass snap closure based on the texture of the fingerprint. Handmade in Japan.

このメガネケースの形は、三角形のプリズムから発想したものです。ガラスのプリズムは、光をとらえて分散・屈折します。プリズムを透して見ていると、そういえば自分の眼も二つのプリズムで光を吸収しているんだ、と思い出させてくれます。眼は光をとらえて、タッチしないで、遠くから何かを認知できます。メガネは装着できるプリズムです。でも肉眼の前にガラスの小片があるだけで世界をハッキリ見ることができるって、なんだか不思議です。このメガネケースは三種の革で作られています。ポスタルコのクロスグレインとカーフスキンが表革、裏地には柔らかなピッグスキン。オリジナルの真鍮の留め具には、指紋をイメージした模様が刻まれています。日本製。


About Crossgrain Leather

Crossgrain Leather

We named this leather ‘Crossgrain’ for the pattern embossed on the surface. These crossing lines help small scratches that appear with use to blend in more easily. Because of its strength and thickness steer leather is often used for items that need to be durable. This leather is vegetable tanned using tannins from the mimosa tree. Vegetable tanning takes more time but does not use the toxic compounds needed for chrome tanned leather.

How we dye our leather

There is quite a bit of variation from skin to skin and even within the same skin. The typical way to make leather color uniform is to cover the surface with thick synthetic fillers and pigment coatings, covering the natural variations in surface and color. Unfortunately this finish does not allow scratches to blend in or improve over time. Postalco leather is colored using aniline dyes. Aniline dyes soak into the leather leaving visible the natural variation in grain and texture. The more aniline dyed leather is used, the better the surface patina gets over time. Each skin is different: a faint stripe-like pattern, called ‘tora’ in Japanese is a natural effect due to the way the dye soaks in to the various parts of the skin. Each skins ‘tora’ is different. Making Veg tanned and Aniline dyed leather is more expensive and time consuming but produces beautiful leathers.

Inside leather

Calfskin is also vegetable tanned and aniline dyed. The grain is very fine and tightly packed allowing it to be durable and soft at the same time. With use it will continue to soften and develop a patina.

Lining

Why use leather lining inside the pockets? Your eyes may not see it but your hands do. Pigskin feels great as a lining material and will last much longer than fabric linings.

Care

Crossgrain Leather

To keep the natural surface of this material we have only coated this leather with a light water resistant treatment. Naturally finished leathers and materials may crock or rub off. Please take care to keep your wallet dry. If it gets wet in the rain or with water it is more likely for the colors to crock. If it does get wet pat dry with a soft cloth. Shade dry. To help blend in small scratches and dirt marks please moisten a soft cloth with water and wipe gently. Be sure to wipe the overall surface, not just in one area to avoid staining. Shade dry. Oily leather creams will stain this bag so we don’t recommend them. If the surface gets dry, please use a mild creme (such as clear Delicate Shoe Cream) to replenish the moisture. Be sure to use only clear cream as any color will rub off! At Postalco to get the leather moisturizer into the nooks and crannies we use a toothbrush to apply the cream.

クロスグレインレザーについて

クロスグレインレザー

クロスグレインという名の通り小さな菱形の格子模様を上質な成牛革(ステア)にプレスしました。この柄によって、見た目の美しさだけでなく、使用による細かいキズなどが目立ちにくくなります。 ステアは、ベルトなどに使われる強靱な革で、厚みがあり、耐久性にすぐれています。環境への負担の少ない、天然成分を使用した植物なめしです。

革の染色方法について

一枚の革の中でも、場所によって色や質感にバリエーションがあります。 革の表面を均一にするために、顔料で塗装する方法が一般的ですが、残念ながらこの方法は革の自然な風合いを損ない、 長期間使用すると塗装がはがれてきます。ポスタルコの革の色付けには染料染めを採用しています。革の表面の味を生かす染料でオリジナルカラーに染めてあるため、 使い込むほどに風合いが増していき、経年変化を楽しめます。革には一枚ずつ違った表情があります。縞の色むらの様に見えるのはトラと呼ばれる革の繊維の模様です。 この柄はひとつとして同じものがありません。自然な加工法の丈夫な革ですので手入れをすることにより長期間使用することができます。

カーフ革(内革)

植物なめしの牛革を使用。カーフ革は、繊維の目がつまっているので、きめが細かくなめらかな、強い革です。使い込むほどに、独特の味がでてきます。

ピッグスキン(裏革)

植物なめしの豚革を使用。染料染めのみで仕上げてあります。上から顔料やニスを塗っていないので、しなやかで柔らかい、革本来の風合いが楽しめます。

ケア方法

クロスグレインレザー

革の自然な表情や柔らかさを保つために、軽い撥水加工を施しています。自然な仕上げの革なので、特に濃い色については色落ちすることがあります。 雨にさらされたり、水濡れによって色落ちすることがあるので気をつけて下さい。水濡れした際は、柔らかい布でやさしく叩くように水気を取ってから、自然乾燥させて下さい。 細かいキズは、柔らかい布を水に濡らしてから絞り、キズの部分だけでなく全体をやさしく拭くと目立たなくなります。ミンクオイルなど油分の多いものはしみになることもあるので使用には適しません。 表面が乾燥してきたら、透明なデリケートクリームでお手入れできます。ポスタルコでは凹凸のある革にクリームを塗るときには、細かいところまで塗れるので歯ブラシを使用しています。



Material /
マテリアル

Delicate Cream /
デリケートクリーム


Material / マテリアル


Delicate Cream / デリケートクリーム