ENCYCLOPEDIA SERIES POSTCARDS

Encyclopedia 7 Postcards Set

Encyclopedia 7 Postcards Set
7種類1セット
No.E-27S
カテゴリーごとに7種類のポストカードが入っています。
7 related image postcards enclosed in an envelope.
¥ 756

E-27S 2592 Color.

What is this earth of ours, what is it made of, what is it like inside and how did it get that way? Arthur Court,"Minerals"

Seashells: Throughout human history mollusks have been an important source of protein, enabling people to establish settled communities even before agriculture.

Minerals: Sulfur has been found in million ton deposits and is used in the process of rubber vulcanization, making matches, and paper.

Grapes: Known as the father of Japanese grapes, Kawakami Zenbei created one of Japan’s most commonly grown grape varieties, the Muscat Bailey A.

Butterflies: A host of receptors are hidden in the foot of the butterfly that can analyze the chemical difference between two related plants.

Apples: The Ancestral wild apple measures about one inch across, cannot be eaten raw and consists mostly of brown seeds and core.

Insects: Beetles interpret auditory, visuals and chemical information, along with the occasional ability to see heat.

私たちが住むこの地球とは、何でできていて、どのような中身で、このようになったのだろう。 アーサー・コート 『ミネラル』より

貝殻:人類史上、軟体動物はプロテイン摂取が重要な源になり、農耕の時代の前から共同体をつくり定住の暮らしを可能にしました。

鉱物:硫黄は数多くの硫黄鉱物を生み出し、ゴムを加工する行程やマッチや紙の製造に用いられています。

ぶどう:日本のぶどうの父と知られる川上善兵衛は全国各地で栽培されることになるマスカット・ベーリー A を開発しました。

蝶:蝶の前脚には感覚毛があり、2つの違う植物を見分けることができます。

りんご:野生リンゴの祖先は3cmほどの大きさで、芯と種があるだけで生で食べることはできませんでした。

昆虫:カブトムシは音や、視覚、科学情報を知覚し、なかには熱を視覚できるものもいます。