海外へも発送致しますWe Ship Worldwide
WHOLESALE

エクスプローラー Explore

レイヤード ユニ ・バイ ポスタルコ

ある日、マイク・エーブルソンは考えました。「鉛筆とボールペンの中間のようなペンがあったら、いいんじゃないか」と。その理由は?「鉛筆には約500年の 長い歴史があって、使い心地もいい。なにより存在感がいい」。ボールペンのよさは、やっぱりその使い勝手。いつでもどこでも、書ける。頭の中のアイデアが、 ペン先から出るインクを通じて目の前の紙に現れる。「ボールペンは自分が考えていること、思っていることを文字やカタチにしてアウトプットできる道具。 線に強弱や濃淡といった、メリハリが付けられるのもいい」。本体は書いている途中で気にならないように、手に持ってしっくりくる重さとバランスに。中身の芯 は、なめらかな書き味の三菱鉛筆の「ジェットストリーム」。「書いているときに、ペンのことは考えたくないんですよね。そのほうが、考えていることがうまく出てく る。インクがかすれたりすると、ペンを意識してしまって」。ポスタルコが考えて、三菱鉛筆と一緒に作った新しいボールペン。芯を挟んで層になった構造は、 鉛筆に学んだもの。その見た目から「レイヤード」と呼ぶことにしました。
デザイン:  マイク・エーブルソン