EVENT

こちらのイベントは終了致しました。

Postalco Shop Kyobashi
Sat Mar 3, 2018 - Mon Apr 16 , 2018
2-2-1 1FL
Kyobashi Chuo Tokyo 104-0031
T 03-6262-6338

The humor of Tamara Shopsin always helps us see things in a new light. Shopsin is a renaissance woman whose work spans vastly different activities. We’ ll introduce a new wrapping paper by Tamara designed for Postalco. There is also a gum ball machine that will tell your fortune by Tamara. Her books will be available and music playing during the event will be selected by Tamara.

会期 / 2018年3月3日(土) - 2018年4月16日(月)
104-0031
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン1階
T 03-6262-6338

タマラは、クスッと笑わせながら、世界に新しい光を当ててくれます。その活動はびっくりするくらい幅広く、まさにルネッサンス・ ウーマン。そのタマラがポスタルコのためにデザインしてくれたラッピングペーパーをお披露目します。タマラ手製の占いができる ガムボールで、運勢を試してみるのもお楽しみ。タマラも販売しています。会期中に流れている音楽は、タマラ選曲。 ポスタルコのショップが、タマラだらけになります!

Arbitrary Stupid Goal Trailer

Arbitrary Stupid Goal Trailer

Arbitrary Stupid Goal Trailer

Arbitrary Stupid Goal Trailer

Arbitrary Stupid Goal Trailer

Arbitrary Stupid Goal Trailer

Arbitrary Stupid Goal Trailer



Arbitrary Stupid Goal
A brief section of her new book, Arbitrary Stupid Goal, about life growing up in New York City, is translated into Japanese for our It’s Just Paper. “Tamara Shopsin’s illustrations are economical, seeminly simple and straightforward, but always working on a few different levels. Her prose is the same way: funny and playful but revealing, making us see the world we thought we knew with fresh eyes.“  ̶ Christoph Niemann

Tamara Shopsin
Tamara Shopsin is a graphic designer and illustrator whose work is regulary featured in The New York Times and The New Yorker. She is the author of the memoir Mumbai New York Scranton, the designer of 5 Year Diary, and the coauthor, with Jason Fulford, of the photobook for children This Equals That. Two volumes of her drawings have been published under the titles C’est le Pied! and C’est le Pied II. She is also the cook at her family’s restaurant in New York.

Arbitrary Stupid Goal -気まぐれオバカ ゴール!-
タマラの新しい本“Arbitrary Stupid Goal 気まぐれオバカ ゴール!”は、NYCで育った日々について書かれたものですが、その 抜粋をポスタルコの印刷物It’s Just Paperに翻訳しました。日本語でも是非読んでもらいたい一冊です。 「タマラのイラストは、見るからにシンプルでストレート、一見手抜きっぽいけど、なかなか深いものがある。それに、文章もそんな感 じで、ファニーでお茶目、でもグサッとくる。知ってるつもりの世界が、まるでちがうものに見えてくる。」
ーークリストファー・ニーマン

タマラ・ショップシン
タマラ・ショップシンはニューヨーク・タイムズ紙や雑誌ニューヨーカーにおいて注目されているグラフィックデザイナーであり、イラストレーターです。これまでに自伝「Mumbai New York Scranton」の執筆や、「5 Year Diary」のデザイン、ジェイソン・フルフォードとの共著で子供向けの写真集「This Equals That」を制作。イラスト集では「C’est le Pied! 」、「C’est le Pied II」 の二冊が出版されています。また、タマラは家族が経営しているニューヨークのレストランで料理人もしています。