PINION SHOULDER BAG LT

Go-everywhere messenger bag


Pinion Shoulder Bag LT

Pinion Shoulder Bag LT
No.84025 Light Hammer Nylon & Leather
33 x 23 x 8 cm / 13 x 9 x 3"
¥ 46,750


For item arrival notification please contact webshop@postalco.net
入荷のお知らせをご希望の方は webshop@postalco.netまでご連絡下さい。


84025 3162

Pinion Shoulder Bag

Leather strap keeps this bag close to the body. Postalco Bridge Bag construction is both durable and lightweight. Zips closed. Inside zipper pocket. Pockets for phone and pen. Postalco original Hammer Nylon fabric. Made in Japan.

Light Hammer Nylon Bridge Bags

Postalco Bridge Bags are made of a single layer of fabric supported inside with series of webbing straps based on the structure of suspension bridges. The lightweight architectural strength of the Postalco Bridge Bags is combined with our original Light Hammer Nylon fabric. Light Hammer Nylon is named for its almost hammered looking surface. The fabric surface feels natural but it has the strength and water resistance of nylon. Handmade in Japan.
arrow About Light Hammer Nylon

ピニオン ショルダーバッグ

革製のストラップが、バッグをカラダに密着させてくれます。ポスタルコ独自のブリッジ・バッグ構造ならではの、耐久性と軽さ。フラップなしのジッパー付きで、快適に荷物を出し入れできます。 内部にはジッパーポケット、スマートフォンとペン用ポケット、キーホルダー付き。ハンマーナイロンに、シュリンク加工の牛革のストラップ。日本製。

ライトハンマーナイロン ブリッジバッグ

ポスタルコのブリッジバッグは、橋梁の構造から発想したものです。内部に吊り橋の形に沿ってストラップを張り、耐久性を強化。 さらにポスタルコのライトハンマーナイロンによって、タフさと軽さを実現しています。 ライトハンマーナイロンとはハンマーで叩いたような見た目からつけられた名前。 表面はしなやかなのに、キャンバス地のように腰があります。撥水性あり。独自の製法で少量生産された生地です。
arrow ハンマーナイロンについて



About Bridges

Gustave Eiffel who made the Eiffel Tower was a bridge specialist. To build the world's tallest tower he applied what he knew about bridge making. He really took a horizontal thing and made it vertical. Inspired by the way that a bridge divides and balances weight we made these lightweight bags that don't hide their structure. There is a single layer of fabric supported inside with a series of webbing straps. The lightweight architectural strength of the Postalco Bridge Bags is combined with our original Hammer Nylon fabric.

About Light Hammer Nylon & Leather

Light Hammer Nylon

Made to our specifications to be light and strong. It feels dry and crisp like our Light Hammer Nylon, but is thinner for an effortless daily bag. This fabric is named for its almost hammered looking surface. The fabric surface feels natural but it has the strength and water resistance of nylon. This high density improves the natural water resistance of nylon. Light Hammer Nylon fabric is created using a proprietary process invented and made in small batches in Japan.

Vegetable-tanned cowhide

To increase the strength in the traditional way this leather was shrunken. The shrinking process make the leather fibers more dense and imparts a soft flexibility. The signature of shrunken leather is the irregular ‘pebbly’ surface grain that varies from skin to skin.

How We Dye Our Leather

There is quite a bit of variation from skin to skin and even within the same skin. The typical way to make leather color uniform is to cover the surface with thick synthetic fillers and pigment coatings, covering the natural variations in surface and color. Unfortunately this finish does not allow scratches to blend in or improve over time. Postalco leather is colored using aniline dyes. Aniline dyes soak into the leather leaving visible the natural variation in grain and texture. The more aniline dyed leather is used, the better the surface patina gets over time. Each skin is different: a faint stripe-like pattern, called ‘tora’ in Japanese is a natural effect due to the way the dye soaks in to the various parts of the skin. Each skin's tora is different. Making Veg tanned and Aniline dyed leather is more expensive and time consuming but produces beautiful leathers.

Care

Leather and fabric webbing may fade with use and colors may bleed, especially when wet. If your bag gets wet gently blot it with a soft dry cloth. Do not wash this bag. Do not place in the dryer. To clean: Spot dry clean or wipe with a moistened soft cloth. Using water repellent spray made to be used with both leather and fabric. If the leather feels dry please use a mild creme (such as clear Delicate Shoe Cream) to replenish moisture. Be sure to use only clear cream as any color will rub off!

橋について

エッフェル塔をつくったエッフェルは、橋梁のスペシャリスト。 高い塔を建てるのに、橋をつくる技術を転用しました。まさに、横のものを縦にする発想のシフトです。 ポスタルコも、橋の構造が「重さを分散させて」いることに注目して、その強度とバランスをバッグに応用。 内部に吊り橋の形に沿ってストラップを張り、耐久性を強化しました。 「運ぶ」ということでは、ふたつには共通点があるからです。橋桁のように、バッグの力学が見てとれます。

ライトハンマーナイロンと革について

ライトハンマーナイロン

軽くてタフなものをということで開発されたものです。ライトハンマーナイロン特有のサラッとしたドライな感触ですが、毎日使うバッグ用に、ずっと薄くずっと扱いやすくなっています。ライトハンマーナイロンとは、ハンマーで叩いたような見た目からつけられた名前。 表面はしなやかなのに、キャンバス地のように腰があります。撥水性あり。独自の製法で少量生産された生地です。

植物なめしの牛革

革を堅牢にするためのシュリンク加工を施しています。これは革の表面を収縮させる古くからの加工法のことです。革の繊維の目がつまることで、表面にシボ(しわのような凹凸)が生まれ、自然な革の表情が出てきます。 シボは革の部位によって、その出方が異なります。

革の染色方法について

一枚の革の中でも、場所によって色や質感にバリエーションがあります。 革の表面を均一にするために、顔料で塗装する方法が一般的ですが、残念ながらこの方法は革の自然な風合いを損ない、長期間使用すると塗装がはがれてきます。 ポスタルコの革の色付けには染料染めを採用しております。革の表面の味を生かす染料でオリジナルカラーに染めてあるため、使い込むほどに風合いが増していき、経年変化を楽しめます。 革には一枚ずつ違った表情があります。縞の色むらの様に見えるのはトラと呼ばれる革の繊維の模様です。この柄はひとつとして同じものがありません。 自然な加工法の丈夫な革ですので手入れをすることにより長期間使用することができます。

ケア方法

お使いいただくうちに、革の色が落ちる可能性があります。特に湿った場合、他の衣料に革の色が移ることがあるのでご注意ください。濡れた場合には乾いた柔らかい布でやさしく押すように拭いてください。その後、革・布用の撥水スプレーを生地に使用する事で撥水機能を回復させる事ができます。表面が乾燥してきたら透明なデリケートクリームでお手入れできます。生地の汚れが気になる場合は部分クリーニングに出すか、軽く湿らせた柔らかい布で拭いてください。水洗い及び乾燥機は使用しないでください。