海外へも発送致しますWe Ship Worldwide
WHOLESALE

チャンネルポイントペン
クロスハッチ
Channel Point Pen
Crosshatch

精密機器のような筆記具

   
   
   
   
   
   

チャンネルポイントペン
クロスハッチ
Channel Point Pen
Crosshatch

精密機器のような筆記具

通常価格+tax
¥35,000 +tax
セール価格
¥35,000+tax
単価
あたり 

最小ロット数 2

No.96802
1 x 14.7 x 1.4 cm / 0.4 x 5.9 x 0.6"

点から線へ
チャンネルポイントペンは無垢の金属からひとつひとつ手作業で削り出したボールペンです。
内蔵芯: SXR-5(油性インク0.5mm)、重量26g、PAT.P、日本製。
U字に削り出されたポスタルコオリジナルのクリップは、U字がペンの頭の部分を覆っているので、ポケットや紙束に留めるとクリップだけが外から見えて、まるでタイピンみたいです。

U字に削り出されたポスタルコオリジナルのクリップは、U字がペンの頭の部分を覆っているので、ポケットや紙束に留めるとクリップだけが外から見えて、まるでタイピンみたいです。

このクリップには開発に最も時間をかけました。手作りのU字クリップを押して、ペン先を出すメカニズムは想像していたよりもずっと難しかったからです。このペンは、金属の塊から日本の職人の手によってひとつひとつ削り出されたものです。クリップに刻まれたグラフパターンは滑り止めでもあり、さりげない格子模様でもあります。ボディは、滑り止めとしてプラスティックやラバーを用いる代わりに繊細なレコードの溝のような線が刻まれ、道具というよりは精密機器のようです。伝統的な技術が現代の生活に自然と馴染むといいなと思います。

伝統工芸品を現代の生活に

伝統工芸品を現代の生活に

無垢のブロックから金属を削り出され、手作業で一つ一つ磨かれて作られたペンです。クリップにカットされた線は、必要なグリップ力を与え、また、微妙なグラフパターンを作成します。
プラスチックやゴムのグリップの代わりに、ペンのボディにはレコードのような細い線が刻まれています。道具というよりも、楽器のような洗練された感じがします。このペンは伝統的な工芸品でありながら、それを日常の現代生活に溶け込ませることを目標としています。

上から押すとペン先が出ます。

上から押すとペン先が出ます。正面を押すと元に戻せます。

水路の流れのように物事が前に進んで行く時が好きです。

水路の流れのように物事が前に進んで行く時が好きです。

手にしたペンは頭の中でぐるぐるしていた考えを紙にはっきりと描きだしてくれるような気がします。それを見て確かめることで、次のステップへと進めるのです。文房具のいちばんの仕事は、頭の中で泳ぎ回っている見えないアイデアを目に見えるようにしてくれることだと思います。

「透明さ」

ボールペンは、どこにでも転がっていて、書いているときにも存在を気にしないでいられる文房具です。この「透明さ」こそが、文房具の 理想の姿です。書くときにボールペンのことを忘れて、書く内容に集中できるわけです。

書き手にとってのボールペンは、ダイバーにとってのゴーグルと酸素ボンベのようなものです。ひっきりなしにインクに浸さなければならないのは、ダイバーが30秒ごとに水面へ出て空気を吸わなければならないのと同じこと。酸素ボンベが、ダイバーをもっと深く海中に連れていってくれるように、ボールペンは、書き手が書くことに集中できるようにしてくれます。

驚くほど滑らかな書き味とインクの速乾性は、たくさんの実験と高い技術の結果です。

これらの素晴らしいイノベーションはむしろペンのメカニズムを忘れさせ、ただ書くことに集中させてくれます。替え芯は三菱鉛筆株式会社のSXR-38、SXR-5、SXR-7 に対応。世界中で手に入れることができます。

日本に学ぶこと

日本の職人さんや小さな工房で作られるものは、ほかにはどこにもないものです。 わたしたちは幸運にも、ものづくりに専念している人達とコラボレーションをしています。だからこそ、どの製品にもパッションがこめられていて、それが人間味として感じられると思います。 ポスタルコの製品は、棚や戸棚にしまわないでください。毎日使ってこそ、その美しさは発揮されます。家ではよくなじみ、打ち合わせでは印象がきわだちます。